読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「NO MORE 映画泥棒」によるチクチクした痛みについて

「最後の命」という映画を観た。映画自体の感想を語りたいところだけど,今日はそこまで辿り着かない。前段階として言っておかねばならないことがあるのだ。NO MORE 映画泥棒というあの映像についてだ。近日公開予定の予告をいくつか見終わって場内の明かりが落ち,観客が呼吸を改めた時に映像は始まる。映画泥棒こと妖怪カメラ頭がスーツを着て気味の悪い踊りをして,映画を違法撮影する。妖怪パトランプがこれを取り締まる,というものである。単館上映を除き,あらゆる映画館で幾度と無く観てきたこの映像であるが,元々は一時的なキャンペーンであったと記憶している。はじめて見たときはこれほど不快ではなかったように思う。小気味良いビートから繰り出される奇妙なダンス。カクレンジャーの敵かと思ってしまうような強烈な容姿。ユーモラスに警鐘を鳴らしていて,それほど嫌だとは思わなかった。むしろうまいインターフェイスによって上手に注意喚起できていることを好ましく見ていた。それが,長年同じ画を懲りずに見せられているうちに不快感がこみ上げてきた。喉のチクチクした痛みのような,致命的ではないのだけれど生命力を低減するような不快さ。その理由は少なくとも二つある。

一つ目は,違法撮影するつもりがなく,海賊版DVDを観ようとも思ったことがないであろう多数の人を疑っていること。どちらかと言うと映画館に足を運ぶ方だし,けれど海賊版DVDを買ってまでいろいろ観たいほど映画大好きマンでもない(映画好きが海賊版DVDを観ることが良しとするとは思わないけれど)。私よりも映画好きで,何なら映画業界にお金を落とそう!とか思っておられる方もいるだろう。足繁く通っている方々こそのボディチェックを無遠慮に行うような,この映像を幾度と無く見せられているのだなあと考えるとため息を通り越して喘息が出そうになる。いくらズンドコズンドコ小気味の良い音楽と踊りというインターフェイスで包んでいるはいえ,やっていることは味方を背中から撃っているようなもので,この点についてキャンペーンの企画者(映画業界のお偉いさんなのだろう)は自覚的なのだろうか,と疑問に思う。

二つ目の理由は,肝心の映画泥棒防止に何ら貢献していないと思われることだ。我々善良な一般市民を巻き添えにしてでも,映画泥棒とやらの被害を減らすことができていれば良いのだが,どうも功を奏しているとは思えない。情に訴えかけても意味が無いことは明らかである。違法撮影をする人はいわゆる普通の感覚の我々からすると"神経を疑う"べき,ねじれの位置にある人達なのだから。前提としての考え方が真っ向から異なる場合に,そのことを踏まえずに働きかけようとすることほど滑稽なものはない。私はシェアハウスに長らく住んでいて,いろいろな人間が弾性衝突するのを見てきた。例えば,この世には掃除ができない人間というのが存在する。掃除アビリティを持たない人間に対して,掃除をしなさいと言っても意味は無い。掃除ができないのだ。できない理由を考えて,障害を一つ一つ取り除いていきましょうね,というのも何ら効果が無い。理由など無く,ただできないのだ。考え方が入り口のところから違っていて,全くの別次元であるのなら,分かり合おうとしてはいけない。人と人がコミュニケーションをするような手段を使ってはいけない。自然の脅威や,獣害のように扱わなければならない。防御と先延ばしか,徹底的に根絶するか,住み分けるか。話し合いや成長を見守るということは人間相手にしか通用しない。戸を作っても壊されて,柵を作ってもよじ登られる。斜め上からぶっ叩かなければならない。

もちろん,ねじれの位置にあっても人間は人間,カメラを持ってニット帽をかぶりスクリーンの前に座る人(コナンの黒い人を想像してください)がある映像を見て感情を本揺さぶられ,カメラに手をかけることなく2時間眼前の光に没頭し出て行くことがあるのかもしれない。そのような美しい光景がこれまでになかったとは言い切れない。だが,彼らは伊達や酔狂でやっているのではない。単純にお金儲けのためにやっているのだろう。映像を加工し,流通させる組織に雇われて派遣されているにすぎない。そういう人が多少胸を痛めたところで,何になるというのだろう。いずれにせよ,スクリーンで何とかなる問題ではない。現実はそううまくはいかないし,だからこそ映画を観るのだと思う。

このように,NO MORE 映画泥棒という映像は,映画泥棒を止めることができず,市井の人々の気を削ぐことしかしていない。初めて妖怪カメラ男を見た時の驚嘆が失われた今,なぜ未だに放映されているか。唯一,効果があるとすれば,違法なのを知らずにやる人を減らすというものだけど,それは戦争の後に一輪の花が咲いたよみたいな話で,だから良いとはならない。屍の山が築かれているのだ。文句を言ってばかりなのはどうかと思うので,斜めからぶっ叩く方法として何がふさわしいかどんなものが良いか考えてみようと思う。(もちろん,上でも述べたがスクリーンでできることには限界があって,最適解は映画館の外にあるのは承知のうえで)

一つめの理由を改善するために必要なことは,メインメッセージの変更である。視聴者の極々大部分が映画泥棒など夢にも思わないのだから,"撮影するな",ではなく"撮影を見かけたら通報してくれ"とすればよい。「監督以下スタッフ,役者,配給会社等々,彼らは映画を愛している。堤幸彦は除くありとあらゆる関係者は魂を込め,寿命を縮めて映像を作っている,映画館に足を運ぶ皆のためにに良い映画をお届けしたい一心で。暑さ寒さといった過酷な環境に負けず,怪我を覚悟でアクションをして,必要ならば建物を壊した。。構想数十年みたいなのもざらにある。そんな映画を違法に撮影しアップロードすることは犯罪者であることは当然,魂を汚す行為である。映画は多くの製作者にとって何にも代えがたい命であって,その命を掠め取って換金している点で悪魔と呼ばれてしかるべきだ。視聴者の方々はこれから映画を観て勇気をもらったり,励まされたりするだろう。明日からも頑張ろうと思えるだろう。映画泥棒をしている人を見かけたら,その勇気を少し振り絞って,係員まで通報してください。」席から立たずに通報できる手段を用意すればなおのこと良い。 "the force will be with you. "である。

二つめの理由を改善するためには,いろいろなやり方がある。「妖怪カメラ顔野郎のあの人,中の人がテレビに出たりしていましたがあれは嘘です。本物の妖怪カメラ顔野郎は,実際にあんな顔なんです。彼は昔違法撮影をしていた人です。ある時捕まって,私刑として頭をカメラに変えられてしまったのです。映画業界からは拍手喝采でしたが,一方でやりすぎではないかとの声も増し,人体改造を主導した博士は糾弾への対応に追われました。ノイローゼになった博士は自らの頭を警報器に変え,人であることを辞め,一生をかけて違法撮影者の根絶に注力することを誓ったのでした...そんな二人はもう何も考えることはできず,ものも食べられず,滑り台を滑ることもできません(顔がでかいから)。撮影中を表すカメラの赤いランプが灯ったら,コミカルな踊りを繰り出すしかできない体に改造されたのです。次にカメラ頭になるのは,あなたかもしれません。NO MORE 改造人間... NO MORE 映画泥棒...」みたいな恐怖を煽っていくスタイルもあれば,
「実は,違法DVDを観ればギリギリどの映画館でいつ放映されたかがわかる符丁がすべての映画には仕込んであります。もしあなたが撮影者だとしたら,DVDが流通して1週間は身を隠していたほうが良いかもしれませんね。我々映画業界の者は,流通するDVDからなんとしてでも特定し,監視カメラのデータからあなたの顔を割り出します,次回からはその顔写真をもとに,何があっても捕まえます。この妖怪カメラ野郎は決してあなたの顔を忘れませんよ!(着ぐるみもったいないから再利用してみました)」というSF的管理社会スタイルとか。

とにかく,今後も「NO MORE 映画泥棒の動向」は注視し続けたいし,「何かを禁止,注意喚起する広告物や映像のあるべき姿」はしばらく私の感心事の一つになるだろう。そう思いながら,今日もJR西日本による,鉄拳のパラパラ漫画を用いた転落事故防止の映像なんかを見ている。あ,「最後の命」は男女で見に行くとしんどいからお気をつけください。